CSL Behring

どんな病気?

監修 : 防衛医科大学校 内科学講座 神経・抗加齢血管内科 准教授 海田 賢一 先生

慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)は、手足の運動や感覚をつかさどる末梢神経に原因不明の炎症が起こり、運動機能の障害(手足に力が入らない、物をうまくつかめない、歩きづらいなど)や感覚障害(手足がしびれる、熱さや冷たさを感じないなど)が起きる病気です。

症状が進行すれば歩くことや立つことが困難になることもあり、生活の質(QOL)が損なわれます。

わが国における患者数は5,000人弱、人口10万人あたりの有病率は3〜4人程度と推計されています※1)

※1) 飯島正博ほか: Modern Physician. 36(7); 720-724, 2016

歩行困難な様子・箸を持ちにくそうな様子 脱髄が起こっているニューロン

原因は?

ページトップへ